中野 パーソナルトレーニング ボクノジム


中野のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

 

さて、皆さま。

「1日2Lの水を飲みなさい。」

このような発信をSNSなどのネット上で見かけたことはありませんか?

 

そこに明確な理由は書いてありましたか?

 


僕の思考なのですが、、「何故?」と常に疑うことって大事だと思っています。

例えば、「この食材はダイエットにいいんです!だからいっぱい食べましょう。」って言われても

何故、ダイエットにいいのか?って説明されないと納得しません。

さらには、「この食材は〇〇という成分が入っているからダイエットに良いんです!食べましょう。」って言われても

その成分が何故ダイエットいいの?ってところまで説明されないと納得しません。

逆に言えば、僕がTwitterやYoutubeで発信している内容には全て科学的根拠があります。


 

ネット上で見かけた「水がダイエットに必要な理由」はこんな感じでした。

・代謝を上げるため

・汗をかくようになるため

・体温を上げるため

・デトックスできるため

・便通をよくするため

 

ん~~どれもしっくりこないし、

どれについても具体的に解説されていなくて、納得させられないんです。

 

 

ということで今回は僕が、

  • ダイエットにおいて多くの水分摂取が必要な理由
  • 実際には水分摂取だけでは不十分な理由
  • お茶やコーヒーは水分摂取には不適切な理由

について解説していきます!

 

 

実はYoutubeで質問をいただきまして、

そのお返事として今回の記事を作成したのです。

こんにちは
いつも、正しいダイエット情報、めちゃめちゃ参考にさせていただいております。
ところで、ダイエット時における水分の摂取について教えて頂きたいです。
よくダイエット時には、沢山水を飲んだ方が良いと聞きますが、その根拠って何なのでしょうか?
また水分と水とは別物で、お茶やコーヒーなどよりも、純粋な水を飲んだ方が良いとも聞きますが、実際どーなのでしょうか?

 

 

↓Youtubeでも喋ってます↓

 

 

 

 

 

ダイエットに水分摂取が必要な理由。

 

水をたくさん飲むべき理由…

 

結論から言いますと

血流量を上げて、筋肉などの各細胞に必要な栄養を運搬するためです。

 

 

 

これを少し掘り下げます!

 

 

利尿剤を飲ませて運動させると運動中の筋肉の血流量が減る。という実験結果を見かけました。

つまり、身体の水分少ないと、筋肉への血流も減ってしまうということです。

これは当たり前なことなのですが…

筋肉への血流が減ることのデメリットを考えて下さい。

 

・運動パフォーマンスの低下。

・筋肉の成長レベルの低下。

 

何故なら、筋肉の運動には酸素が必要で、それは血流にのって運ばれます。

また、運動後の筋肉の成長のためには栄養が必要ですが、それも血流にのって運ばれます。

このように血流は、筋肉にとって必要不可欠なのです。

 

そう考えると、身体の水分バランスを良好に保って、しっかりと血流量を維持したい!

 

残念ながら…水をたくさん飲むだけではダメ。

水を多く飲めば、全身にたくさんの血流が行きわたるわけではなさそうです。

 

血流を全身に促すには、その“必要性”が必要です。

ここで運動が必須となります。

 

運動によって、酸素が栄養が必要な状況を作りだし、それに加えてしっかりと水分も補給する。

この2本柱でやっと、全身隅々にまで血流をたくさん流すことができます。

 

 

 

 

ちなみに、浮腫みを解消したい!冷え性を改善したい!と考える人は多いはず。

それなら、水分×運動です。

 

毛細血管を張り巡らせて、血流量を高めて下さい!

重複になりますが、そのためのアクションが水分摂取×運動です!

 

僕は筋トレが招く身体の反応を熟知しています。

この目的に対する運動としては、筋トレがベストだと断言できます。

 

 

残念ながら…お茶やコーヒーは水分摂取にならない。

利尿剤を飲むと筋肉の血流が減る。

と先ほどの実験にありましたね。

 

つまり、利尿作用がある食品を摂取すると、今回の水分摂取の目的を達成できません。

なので、利尿作用のあるお茶やコーヒーは適さないのです。

 

勿論、お茶やコーヒーがダイエットに適さないという話ではないです。

お茶のカテキンやコーヒーのカフェインは脂肪分解のパワーを高めてくれます。

 

 

 

以上が、

水がダイエットに必要な理由

水と運動がセットで必要な理由

お茶やコーヒーは水分摂取に適さない理由でした。

 

 

それでは、また(^^)

 


白金高輪 パーソナルトレーニングジム ボクノジム

→ https://bokunogym.com/second/