中野 パーソナルトレーニング 子連れ可能 ボクノジム


中野のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

 

ダイエットをしていると、糖質に対して敵対視してしまいますよね?

糖質=太るという認識が非常に強くなってしまっているかと思います。

 

ただ、糖質は筋肉にとって必要不可欠な栄養素なのです。

なのでいくらダイエット中であっても、摂取を怠らないでいただきたいです。

とはいっても、必要以上に糖質を摂ると、やはり太ってしまいます…(笑)

 

そんな糖質を最も安全に摂る方法をご存知でしょうか?

 

 

 

それは、筋トレに合わせたタイミングで摂ることです。

 

 

 

ダイエット中の皆さん、トレーニング前後に糖質を摂取していますか?

 

今回は、ダイエット中であっても筋トレ前後には糖質を摂るべき理由について解説します!

 

 

 

 

理由その① 基礎代謝を維持できる。

 

まずは基礎代謝の内訳をみてみましょう!

 

基礎代謝の内、筋肉が2割ほどを占めます。

(この2割って、どう感じますか?正直なところ僕は低いと感じます(笑)基礎代謝を高めるなら、内臓にフォーカスした方が手っ取り早いって思っちゃいますよね。この話はまた今度。)

 

少なくとも2割は筋肉なので、筋肉が減ると基礎代謝も下がります。

勿論、基礎代謝が下がってしまうと…ダイエットも進みませんよね。

 

 

しかし残念ながら、ダイエット中は必ず筋肉量も減ります。

なぜなら、身体はアンダーカロリーな状況なので、その分脂肪も筋肉も分解されます。

そんな環境の中でも極力筋肉量を維持するための取り組みが筋トレ×糖質という訳です。

 

 

理由その② 活動代謝レベルを維持できる。

筋トレは、筋肉内のエネルギー(糖質)を消費する運動です。

つまり、筋トレによって筋肉内のエネルギーは枯渇状態になります。

そこでエネルギーを補給しないと、筋肉の分解が進んでしまいます。

 

さらに、エネルギーが満たされていない筋肉でさらに運動をこなそうとしても、当然ながら運動のパフォーマンスがかなり悪いです。

そうなれば、運動に伴う消費カロリーもダウン…。

 

 

なので、

筋肉にエネルギー(糖質)を補給しつつ、運動パフォーマンスを維持して、どんどんカロリー消費をするためには、トレーニング前後には糖質を摂るべし!

ということです。

 

理由その③ ボディメイクできる。

最後は、ボディメイク的な観点でのお話です。

 

上述した通りで、減量中には基本的には筋肉が減ります。

しかし、ボディメイクを達成するためには見た目に必要な部分の筋肉を残しながら、

余分な脂肪を落とさなければなりません。

 

 

(同じことの繰り返しになりますが…)

筋肉を残すためには

トレーニングによる刺激と、

それに伴う栄養(糖質+タンパク質)を摂らなければいけない!

ということです。

 

 

 

以上の理由から、ダイエット中でもトレーニング前後に糖質をしっかり摂っていきましょう!

 


白金高輪 パーソナルトレーニングジム ボクノジム

 

→ https://bokunogym.com/second/

 

友だち追加