BLOG

ボクノジムブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 外食が多い人がダイエットで意識すべきこと。

外食が多い人がダイエットで意識すべきこと。

白金高輪 南麻布 パーソナルトレーニング ボクノジム


白金高輪のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

「外食が多いんですが…それでもダイエットできますか?」

このような質問を受けることがあります。

 

僕の答えは、  可能です。

 

 

ボクノジムのお客様でも、外食が多いながらダイエットを頑張る人はたくさんいます。

仕事上の付き合いが多かったり、地域の集まりがあったり、そして頂き物など…。

 

全ての環境を自分の思う通りに作り替えることは、限られた人にしかできないかと思います。

自由業かつ単身者などでしょうか。

 

なので、多くの人がおかれている環境でのベストを尽くすことを心がけてほしいです。

周りと比較したら私の食事なんて…と考える必要はありません。

 

個々のベストを尽くしましょう。

 

今回の記事では、外食が多いと欠けてしまう栄養素とそれを補うための食事術についてまとめていきます!

 

 

外食が多いとかけてしまう栄養素

最近では外食でもいろいろな選択肢をとることが可能になってきましたね。

これは、非常に良いことです!

日本の健康ブームにのっかって、野菜だけのお店や、素材にこだわるファミレスなんかも見受けます。

 

さて。

お客様の外食をざっと見渡すと、3つの重要な栄養素が欠ける傾向にあることがわかってきました。

その3つは…

  • 良質な脂質
  • タンパク質
  • ビタミン

です。

 

僕は食事指導で食物繊維をたくさん食べるように指導しているのですが

食物繊維は以外と外食でも摂りやすい状況になってきました。

コンビニでも多種多様なサラダをチョイスできます。

 

しかし、

良質な脂質は不足しています。

良質な脂質とは、比較的参加しやすいオメガ3の液体オイルやMCTオイルなど加熱厳禁なオイルです。

これらが外食で摂るには焼き魚定食を注文するしかありません。

 

そして、タンパク質も比較的不足しがちです。

外食で十分なタンパク質を摂ろうと思うと、一緒に無駄な脂質まで付いてくることが多いのです。

コンビニでサラダチキンでも買えば…確かに解決できますが。

 

最後にビタミンも不足しています。

外食の付け合わせで出てくる緑黄色野菜は非常に量が少ない。

そしてコンビニ食で済ませた場合には、保存料などの消化処理にビタミンが消費されると聞きます。

 

 

なので、外食ではできる限りのチョイスはしていただいて

自炊のタイミングでは、これら不足した栄養素を中心に摂りましょう!

 

外食で不足しがちな栄養素を補うために

まずは、良質な脂質を補うためには、魚やナッツを食べましょう。

亜麻仁油などの液状のオイルを良いかと思います。

 

そして、タンパク質を補うために、魚やチキンを食べましょう。

豚や牛がダメという訳ではないのですが、外食で脂質をとってしまっていると想定すると、魚やチキンが推奨されます。

 

そして、緑黄色野菜です。

色の濃い野菜を多種多様に食べて欲しいです。

 

 

 

まとめ

外食中止でもダイエットをするためには、

自炊可能なタイミングで不足しがちな栄養素を中心に摂る必要がある。

 

不足しがちな良質な脂質を補うために、魚やナッツ

不足しがちなタンパク質を補うために、魚やチキン

不足しがちなビタミンを補うために、緑黄色野菜

 

これらを心がけてみてください(^^)

 

 


白金高輪 パーソナルトレーニングジム ボクノジム

LINE@にてダイエットやトレーニングのコラムを配信中!

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事