BLOG

ボクノジムブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 下半身の不調は内ももから〜下半身痩せ〜

下半身の不調は内ももから〜下半身痩せ〜


白金高輪 パーソナルトレーニングジム ボクノジム


運動嫌いの救世主、はるきです!!

こちらのブログでは、運動が苦手な方でも簡単にかつ少しの時間でできるような簡単なエクササイズを紹介しています^^

さらにいろいろなストレッチを試したいと言う方は僕のYouTubeに飛んでみてください!

はるきのYoutubeチャンネル→はるトレ&ストレッチ【運動嫌いを救いたい】

 

 

 

いきなりですが、反り腰は下半身の骨格の歪みを生み出しやすいです!!

反り腰が影響している下半身の歪み一覧↓↓↓

1 X脚やO脚など

2 横腿の張り感

3 お尻が垂れてしまう

4 下腹部ぽっこり

5 扁平足や外反母趾

6 前腿が張り出してしまう

などなど…

1つでも当てはまる方は、この記事を読んでみてくださいね^^

質問や感想はTwitterにてお待ちしております(^^)    はるきTwitter https://twitter.com/harukistretch

1ひざ関節の内旋←(特に女性に多い)

例えばしゃがむとき、つま先は外向きになって、膝が内向きになることありませんか?

←いわゆるニーイントゥーアウトという状態です。

 

このような形が日常で多くなると、膝関節のいたみや扁平足、外反母趾を引き起こすことがあります。

反り腰や内転筋の柔軟性の低下が原因となります。

内転筋の筋力の低下、または柔軟性の低下は下半身太りの原因にもつながるので

内転筋を動かしていきましょう!^^

 

 

2内転筋(内腿)ストレッチ

■ ポイント解説

・ 太もも内側の筋肉が伸びていることを確認

・ 足首の真上に膝関節が来るように意識

・ 股関節の根本から動かすことを意識する

 

■ 得られる効果

・ 反り腰改善

・ 膝の内旋防止

・ 扁平足や外反母趾の防止

 

■ ルール

・ 1日の終わりに

・ 下半身トレ前に

・ 姿勢改善のために

3内転筋は奥が深い

内転筋とはその字のごとく股関節を内転させる作用があるのですが

写真で見るとわかるように構造はかなり複雑です。

股関節の内転の作用以外に、

1膝の内旋への影響

2膝を外旋させてくれる影響

内転筋の柔軟性または筋力次第で、膝を内旋にも外旋にも働きます。

どちらかというと、膝を外旋させた方がメリットが大きいので、

膝の外旋の方に働くようにストレッチやトレーニングを

心がけていきたいですね^^

 

 

専門的な可動域向上、姿勢改善、パフォーマンス向上などなどの相談も受付中です!!

パーソナルストレッチも好評ですよー!!

パーソナルレッスンのご予約はこちら → はるきの予約ページ

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事