BLOG

ボクノジムブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 減量の先でやってはいけない失敗「過食症」を知っておいて下さい。

減量の先でやってはいけない失敗「過食症」を知っておいて下さい。

白金高輪 パーソナルトレーニング ボクノジム


白金高輪のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

 

この記事は、ダイエット記事を毎日更新しているオンラインサロンに投稿した内容です。

僕のことを初見の人も、見ていただけるかもしれないので、少し手を加えて全文公開します。

 

(オンラインサロンでは、実践的な内容から、ダイエット成功のための思考、身体のケアなどについて僕が知って欲しいと思う内容を更新しています。)

 

 

さて。

嬉しくも悲しい状況がありまして。

 

フィットネス、ダイエット、減量、ボディメイクが流行しているが故に、いろんな危険性もちらばっています。

その一つが、「過食症」です。

 

今、ダイエットをしている人

これからダイエットに取り組む人

は他人事と思わずに、是非把握して欲しい内容です。

 

「過食症」を把握しておくべし。

実際に、僕が食事指導をしていた人の中、過食症の人はいました。

とにかく体重を気にしないように意識させて、しっかり食べて元気に動こう!っていう方向にもっていくのですが、

やはり、ふとしたきっかけで、過度に体重や体型が気になってしまって、イライラがMAXになった時点で過食。

そして、自己嫌悪になる。

この繰り返しなんです。

 

まだまだ僕も勉強の身ですなので、偉そうなことは言えないのですが

ダイエット指導をする側の人間も、間違ったサポートをすると過食症に追い込んでしまう可能性があることを把握すべきかと思います。

そこから抜け出すのは、難しいんです。

 

さて、まずは過食を区別して認識して、

その後に、過食症に関する研究結果を共有します。

ダイエットに取り組む人には頭に入れおいて欲しい項目もありますので

最後までチェックをお願いします!

 

過食とは

*過食 Overeating:臓器が必要とする以上のエネルギーを過度に摂取すること。つまり、一過性の食べ過ぎです。

*むちゃ食い障害(過食性障害)Binge eating:過食を繰り返す状態。

*神経性大食症(過食症、ブリミア)Bulimia nervosa:過食後に食べた物を何らかの方法で排出する浄化行動を伴うもの。過食嘔吐、下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食による代償行為を行う。最悪の場合自己嫌悪から自殺。

 

 

一時的な過食は僕でも経験がありますし、多くの人もそうではないですか?

ただ、それが繰り返されると、、、、さらにそれを拭い去るための代償行為が追加されると、、、。

問題となるのは、最終段階の過食症ですね。

 

 

過食症に至る人の特徴

過食症患者の特徴は、食事の自制が高いことと、慢性的に食事制限を行っていることです。

この条件で過食症発症のリスクが高くなります。(自制理論と呼ばれます。)

 

実際に、アンケート調査研究の結果でも、不健康なダイエットに取り組んでいる人ほど、過食症になりやすいという結果が出ています。

 

この調査結果はある程度当たり前だな~って思ったんですが、
僕が興味深かったのは、比較的健康的なダイエットと不健康ダイエットの区別です。

 

この項目はほんのりでもいいので、是非とも頭に入れておいてください。

 

健康 or 不健康 ?

この区別は、あくまでもその調査研究における区別です。

広く世界的にどうのこうの…は置いておいて、見てみてください。

 

《健康的ダイエット》
・甘いものやカロリーの高いものを食べるのをさける。
・カロリーの高いものを食べる量や頻度を少なくする。
・太りそうなものは食べない。
・食事や間食を少な目にする。
・「食べ過ぎてはいけない」と思って、ブレーキをかける。
・油ものや砂糖の入ったものを避ける。
・腹八分目で食べるのを我慢する。
・夕食を減らす。
・食べているものに、または何を食べるかに大変気をつかう。
・何を食べているか考えるとき、体重を考慮に入れる。
・食事のカロリーを制限する。
・太るので、勧められた食べ物や飲み物を断る。
・夕食後は何も食べない。
・ゆっくりと食べるようにする。

 

《不健康ダイエット》
・短期間で体重を大幅に減らすために、特別なダイエット方法に従う。
・1週間で3㎏異常痩せようとして、低カロリーな食事をする。
・低カロリー食品ばかり食べる。
・リンゴダイエットやゆで卵ダイエットのように、一定期間以上の間1つの食品を食べ続ける。
・1日の摂取カロリーを800キロカロリー以下に抑える。
・カロリー計算をした食事をする。
・やせるために下剤を使用する。
・食事を抜かす。

といった区別です。

いかでしたでしょうか?

きっと、僕のダイエットの思想が擦り込まれているいる人は(←いいのか悪いのかw)
健康的なダイエットを自然と意識しているはずです。

 

ここでいう“不健康ダイエット”の厳しいルールを強い自制心で守ろうと、慢性的に取り組んでしまうと、過食症に陥ります。

 

一度、陥ったら辛いですよ。

 

(もし、陥ってしまった方がいたら、連絡下さい。一緒に考えましょう。)

 

まとめ

上記の内容に追加すると、

ざっくりと“減量を長期実践しようとすると危険”と言えます。

 

僕は何度も、ダイエットと減量をしっかり区別してな!

SNSで見る選手たちは減量をしているんやで!

僕らはダイエットでええんやで!

って言うてます。

 

 

痩せる方法とか、身体を絞る方法は、そりゃあるでしょう。

でもそんなことより、大事なことを伝えなければなりません。僕ら、指導者は。

 

 

 

客「2ヶ月で、短期で、ガッツリ痩せたいです!」

 

ト「よっしゃ!頑張ろうぜ!しんどいけど、大丈夫!死ぬことはないから!」

 

ト「まだカロリー減らせる!頑張れもっと!動け!もっと!」

 

ト「2ヶ月間、よく頑張った!-10㎏おめでとう!お疲れさん!」

 

客「…ありがとうございました!」

 

じゃ、ダメ。

(流石に、最近はこんなこともないか笑)

 

 

減量に取り組むのはいいんですが、まずは全体を把握して、基礎を作ってから。

このルールで頑張ろうぜい(^^)

 

お読みいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

間違う人が少しでも減って欲しいです。

SNSなどでリンクしていただけると嬉しいです。

 

 


白金高輪 パーソナルトレーニングジム ボクノジム

LINE@にてダイエットやトレーニングのコラムを配信中!

↓登録はこちらから↓

友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事