“カラダ”を変えましょう。

皆さんは今の自分のカラダは好きですか?嫌いですか?太ってるから?筋肉が無いから?くびれが無いから?
僕は昔、自分のカラダが細すぎるから嫌いでした。トレーニングと出会って、努力して努力して・・・今は好きです!
皆さんのカラダのコンプレックスも、トレーニングで変えることができるのではないでしょうか?
“自分”を変えましょう。僕にサポートさせて下さい。皆さまがもっと自分を好きになれるように。

自身も鍛錬の日々。

僕自身も日々、トレーニングに励んでおります。
細すぎず、マッチョ過ぎない、自分が好きなカラダを求めて。

スポーツ指導も実施。

地域の子供たちにバスケット指導のイベント講師なども行っております。
また、各種スポーツアスリートにもトレーニングを指導しております。

モデル活動

フリーランスのメンズモデルとしても活動しております。
-活動の一例-
・株式会社アリミノ ヘアワックスPVモデル
・男性ファッション誌 ジョーカー ヘアスタイルモデル
・ベストボディジャパンスーパーモデル

トレーナーに至る、これまで。

1989.06.04 (28歳)
187cm / 75kg
奈良県出身

【奈良県立高田高校→国立大阪教育大学→私立早稲田大学大学院】

中学生でバスケットボールと出会い、以後大学生まで部活動として競技を続けました。高校生の頃には、奈良県選抜の少年国体選手に、大学時代には成年国体選手に選抜していただけました。・・・運が良かっただけですが(笑)
 中学、高校の僕は、ただのガリガリでひょろひょろな少年でした。そのまま大学に進学し、バスケットボール部に入部した僕を出迎えたのは“筋トレ”でした。大学1年生の前半はコートには入らずに筋トレの日々でした。腕立て伏せもろくにできなかった僕には、それはそれは地獄の日々でした。トレーニングルームでは、何度か涙を流しました、嫌すぎて(笑)
 でも、しんどさを超えると、少しずつカラダに変化が出てきたのです。脱ガリガリです。カラダが変わるほどに好きになっていく、トレーニング。どうすれば効果的にできるか?と自ら勉強するようになりました。

 僕を変えてくれたトレーニングの魅力にはまり、もっと勉強意欲が出てきたので大学院への進学を決意。大学院では運動生理学を学び、実験・研究をしつつ、フィットネスクラブで勤務しながらフィットネスの現場にも目を向けておりました。世界におけるフィットネスの見解と、日本のフィットネスの現場にはズレがあると感じました。フィットネスクラブで汗を流して励んでいらっしゃる方々は、正しい知見を基にした内容で取り組めていないことが多いのです。
 そこで、大学院を卒業後に現場に専念することにしました。
 パーソナルトレーニング。触れたことがない人は、1度だけでもいいので、受けてみてほしいです。運動を頑張っているけど効果が出ていない人!これまでの取り組みを一緒に見つめなおしましょう。改善点・解決策を一緒に思案しましょう。きっと答えが見つかるはずです。また、これからトレーニングをスタートさせる人!大型のフィットネスクラブでは密に教えてくれないことが多いです。間違ったトレーニングフォームでは効果は期待できず、時間が無駄になりかねないです。フォームを学ぶだけでもいいので、是非パーソナルトレーニングを受けてみてください。僕のジムは初心者の比率が高いです。トレーニングを一からお伝えします!