中野 パーソナルトレーニングジム ボクノジム bokuno-gym


どうも!

中野のパーソナルトレーナー けーたです。

 

このブログでは、無駄な話と有益な話を9:1の割合で配信しております。

無駄か有益かは、おおよそタイトルで察していただけるかと思っています。

 

ダイエットは進化し続けています。

そして、今後もずっと進化・変化するでしょう。

我々は、常に自分たちの環境を変化させていますから、仕方ないです。

同じ生活で、同じ食材しかない環境なら、もっと明確に“正解的なダイエット”は見つかっているでしょう。

 

ま。つまり終わりのないゴールに向かって、進歩し続けているんです。

 

 

 

 

 

肥満が問題となった過去に、

脂質が悪

とみなされました。

グラム当たりのカロリーが高いので、脂質の過剰摂取を否定するように。

 

 

 

次にそれをアンチするように、

糖質を悪とする風潮が出てきました。

・過剰な糖質が脂肪細胞を肥大させていること

・糖質の摂取を減らせば簡単に体重が落ちること(←カラダの水分が排出されることが背景にあるんですが、そんなところまでわざわざご丁寧に説明してくれなかった当初。)

・良質な脂質はカラダの脂肪を燃焼するという発想が生まれたこと

これらが大きな背景でしょうか。

 

 

 

そして今は、

また逆に“糖質制限は不健康だ”の流れです。

 

「糖質制限をすると寿命が縮まる」という実験結果をニュースでも見かけました。

実験では、

糖質を与えないグループ

糖質を与えるグループ

の2つのグループにラットを分けて生活させた結果、前者のグループの寿命が短かった、、、、と。

だから、糖質制限はすべきではない!と。

 

 

いや、極端(笑)

死ぬまで糖質制限なんて、極端(笑)

そら早く死ぬわ。

 

 

 

とにかくまあ、情報が多くて何が正しいのか解りにくくなっている世の中です。

 

 

 

特に最近はSNSが広まっているので、

専門的な知識を持っていない人でも情報を発信できてしまいます。

正確な情報よりも魅力的な情報の方が広まりやすいんです。

 

 

最近のダイエット系のユーチューバーやインスタグラマーはこんなことを言いがちです。

糖質をたくさん食べながら、痩せています!やっぱり食べないと痩せられません!

 

これは、正解だし、不正解。

 

実際に食べた方が痩せる人がいることも事実。

でも、食べ過ぎて太っている人がいることも事実。

ダイエットがブームになって、自己流で頑張ってしまった人は、食事量を減らし過ぎている。そんな人は前者です。

情報はどれも正解だし、不正解。

発信されているその一面だけ見たらダメです。

 

ほんだら、善き健康を(^^)