中野 パーソナルトレーニング ボクノジム


中野のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

 

ボクノジムでダイエットに励んでいらっしゃるお客様でも

外食が多い方もいらっしゃいます。

 

外食が多いと確かにダイエットや減量は進みにくいかもしれませんが、

あきらめなければならない理由にはなりません。

外食が続く中でもダイエットは可能です!

 

ということで今回の記事では、

ダイエット中に外食が続いた時に何を心がけるべきか?

という内容をメインに解説していきます!

 

まずは外食による(想定される)悪影響をお伝えした後に、

それに対応するための食事をお伝えします。

 

 

外食のデメリット

(勿論、外食でも選択次第で健康ですが…今回はお付き合いとしての外食を想定します。つまり自分に選択の自由が小さい場合です。)

想定されるデメリットはいくつかあるのですが…

 

・塩分が高い

・揚げ物など避けたい脂質が多い

・タンパク質不足になりがち

・ビタミン不足になりがち

 

などが挙げられます。

 

最近では、日本の健康ブームのおかげで、外食でも食物繊維を簡単に摂れるようになりました。

ニーズが多いのでしょう…。

ただ、およそ保存の効く野菜にはビタミンが損なわれていますし、

その他の食材からもビタミン類の補給は間に合っていないように思います。

 

そして、やはり揚げ物などが外食として出てくることが多い。

揚げ物を食べていては、タンパク質がそこまで高くない割に、脂質が高くなってしまいます。

(からあげをイメージしてください。確かにタンパク質はありますが、脂質とのバランスは悪いですよね)

 

そして全体的に塩分は高いです。

その方が食も進みますからね…外食産業として、おいしいものを提供しようと思うとそうなります。

 

これらを解消しましょう!

 

 

 

自炊で心がけるべきこと

外食続き(自分でコントロールできない)なのは仕方ないとして、

その他の食事は徹底的に自炊を心がけましょう。

 

そこで、自炊に置いて注意してほしいことを列挙します。

①塩分を控える

②低脂質なタンパク質源を選ぶ

③良質な脂質を摂る

④緑黄色野菜を摂る

です。

 

 

①は簡単ですね。味付けを控えればそれでOKです!

各種調味料に注意。

 

②は、具体的に魚やチキンになります。

豚や牛がダイエットで禁止になるわけではありませんが、脂質を気にした場合に、この選択になります。

 

③は、魚なナッツです。他には亜麻仁油などを使うのも良いでしょう。

 

④は、ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草、、、、など色の濃い野菜全般です。

 

 

 

 

これらに注意して生活していただければ

外食に負けずにダイエットが可能です(^^)

 

頑張りましょう!

 

 


ボクノジムのLINE@にてダイエットやトレーニングのコラムを配信中!

↓登録はこちらから↓

友だち追加