BLOG

ボクノジムブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 筋膜リリースの効果は嘘。

筋膜リリースの効果は嘘。

白金高輪 南麻布 パーソナルトレーニング ボクノジム


白金高輪のパーソナルトレーナーけーたです(^^)

 

 

少し過激なタイトルですが、筋膜リリースについてYoutubeで質問をいただいたので少し考えてみました。

(僕のYoutubeでは随時質問を受け付けております:https://www.youtube.com/channel/UCrSTCLfbo5o-QTA7ACeXvxA

 

 

“筋膜リリース”という言葉を聞いて、何を頭に思い浮かべますか?

 

きっと・・・

 

 

 

これだと思います。

 

 

実際に、Google検索で筋膜リリースと調べると

このような画像一覧が表示されます。

 

このコロコロローラーでコロコロすることが筋膜リリースのイメージになってしまっているのですが、

この我々に刷り込まれたイメージが間違っているのではないか?

、、、いや、間違っている!!!!

 

とお伝えすべく、記事を書きました。

 

 

 

ここで留意していただきたいことは、コロコロローラーを否定している訳ではないということ。

僕も家に持っていますし、たまに使います。

 

今回の記事は、かなり僕の推測としての見解が多いです。

何故ならば筋膜という存在、そしてその生理学的機能についてはそこまで解明されていないからです。

 

僕は、トレーナーとして筋のパフォーマンスなどについては勉強してきましたが、

治療的視点は治療家さんほど強くないです。(当たり前ですが…今年の勉強課題です。)

なので、この記事についても間違っている部分があればビシバシ指摘してほしいです。

 

 

筋膜とは

筋肉は細い繊維の束です。

その束を、覆っているのが筋膜です。

 

少しわかりにくいですが、細い繊維の集まりが束となり、その束の集まりが筋肉となっている。

各段階で束を覆っているのが筋膜。

 

筋膜のメインの役目は、筋肉の保護だと思います。

筋肉内には血管も神経も多く分布しているので、それらが皮膚直下にあるのはあまりよろしくないので、筋膜で覆ってしまう。

さらに、全身の各筋肉の協調性を保つのも役目の一つです。

一方の筋肉が縮こまれば、一方の筋肉は緩まないといけない。この連動をサポートしているように思えます。

そこで筋膜は、筋肉と常に一体となっている必要があります。

 

 

筋膜リリースとは

某サイトによると

 

筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すこと

 

と記載されております。

 

このイメージを持っている人は多いはず。

僕も改めて筋膜リリースについて考えるまでは、「へぇ~」くらいに思っていました。

でも、よくよく考えてみれば、不思議な点があるんです。

 

“筋膜の萎縮を正常に戻す”

というのは意味がわかります。きっと筋膜が固まってしまうと、筋肉のサポートができないし、筋肉が伸びようとしているのに、筋膜が伸びなければ動作に不具合が生じます。

 

ただ

“癒着を引きはがす”

という表現はいかがでしょうか?このように聞くと、筋膜をべりっと剥がしたほうが良いんだな~って思ってしまうんです。僕ら素人は!

でも、上述したように筋肉と筋膜は連動しないといけないので、くっついててもいいはずです。

 

 

なので、筋膜リリースと聞いたときにイメージさせられる“筋膜を引きはがす”という事象は間違っている!

と僕は思います。

 

 

 

そして、例のコロコロローラーについてですが、

ソレ自体は効果的アイテムなのですが、いわゆる筋膜リリースではなくて、マッサージです。

コロコロローラーを使うことで、筋肉がマッサージされた結果、血流が良くなるなどして痛みを改善できます。

その中できっと筋膜の状態も良くなるでしょう。

でも、コロコロごりごりすることで筋膜が剥がれて、身体が良くなった~は違うと思います。

 

なので、今もコロコロなさっている人は是非そのままマッサージとして継続なさってください。

その際のポイントは

・非常にゆっくり動かす

・時間をかけて動かす。

・脱力しながら動かす。

です。

 

リラックスしながらマッサージを受けている感覚で使ってみると効果的です。

 

正しい筋膜リリース

では、正しい筋膜リリースとはどういったものか。

 

それは、かなりゆっくりと弱い圧力で皮膚をさするような手技だと思ってください。

マッサージは筋肉アプローチなので、皮下脂肪から筋膜から筋肉にまで刺激が届くようにある程度強い圧力をかけますが

筋膜リリースは筋膜アプローチなので、筋肉に圧力が到達するほど強く押さなくてよいのです。

皮膚と筋膜だけをゆっくりと皮膚表面に対して水平に引き延ばすような感じ。

 

体感としては、「え・・・・?全然押されない・・・これでいいの?」くらいだと思います。

 

でも、それが筋膜リリース。

非常に経験値が必要な高度なスキルとのことで、僕にはできません。

治療家の方に実践してみてもらうことをお勧めします!

 

 

まとめ

以上の考察から

・我々が持たされている筋膜リリースのイメージは間違っている。

・コロコロローラーはマッサージとして活用する。

・筋膜リリースは難しい技術なので、専門家に依頼する。

・一般的な身体のケアは、ストレッチとローラーなどを使ったマッサージでほぼ間に合う。

という僕の意見です。

 

 

参考になれば幸いです!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事